G7 Fashion Pact

2019年8月に、フランスのビアリッツで開催されたG7サミットでは、気候変動が中心的な焦点でした。 8月24日のサミット直前に、マクロン大統領は、32の主要なファッションブランドとともに、現在いくつかあるイニシアチブを1つにまとめ、持続可能な開発目標を一致させることで、業界全体のファッションパクトを明らかにしました。

この協定の焦点は、

1.気候変動、2.生物多様性、3.海洋(プラスチック汚染をメイン)の3つの柱にあり、世界のファッション業界の20%に採用されることを目指しています。 そして、これらのコミットメントには、2030年までに自社で100%再生可能エネルギーに到達するための数値目標などが含まれています。 現在、3つの目標を達成するための方法論として挙げられているのが、"サーキュラーエコノミー" です。サーキュラーエコノミーの概念に、ファッション産業を変えることで、目標を達成するという素晴らしい取り組みが既に始まっています。

日本の企業でも、この取り組みに参加すると言われている有力株がユニクロだそうです。今後の動きに注目をしましょう! ちなみに、当初、署名を行った企業はこんな感じでしたが、現在はさらに増え続けています。 ケリング(グッチ、イヴサンローラン、バレンシアガなど)、ステラ・マッカートニー、バーバリー、シャネル、プラダ、H&M、ギャップ、インディテックス(ザラ、マンゴー、ベルシュカなど)、ナイキ、アディダス、プーマ、ノードストローム、PVH(Calvin Klein、Tommy Hilfigerなど)