新発売!Foekje Fleur : プラスチックボトルからインスパイアされたプロダクト

Foekje Fleur collecting Plastic Bottles from Marcel IJzerman on Vimeo.

Foekje Fleurとそのプロダクトを最初に知ったのは2019年の9月。Maison et Objetに出店していた彼らを友人が見つけ、紹介してくれました。 ブランドのストーリーや鮮やかな色が素敵ですぐに気に入り、実際に見てみたいと思いました。 念願がかなったのは、2020年に私たちがShowUpのためにアムステルダムを訪れた時でした。Foekje Fleur本人とプロダクトに実際に会うことができました。 私たちが目にしたプロダクトは、写真で見るよりもはるかに素敵でした。 ブランドの背後にあるアイデアは本当に素敵です。 彼らは美しくて耐久性のあるプロダクトを作っているだけでなく、ペットボトルが捨てられているという問題に対する認識をこのプロダクトによって広めています。

[foekje fleurについて]

デザインと美術の両方を学んだ後、彼女はFoekje Fleurを機能的でありながらも、思想できるものに着目。 一見すると、彼女の魅力的でカラフルなデザインは遊び心のあるように見えますが、それらは実際に世界にある深刻な主題、環境やアニマル・ライツなどに触発されています。

そんなブランドのプロダクトの中でも今回注目したのが、磁器の花瓶。 

磁器で作られた花瓶は、オランダのロッテルダムにあるマース川からのプラスチック製のゴミのコレクションからアイデアを得ています。 「プラスチック・スープ**」について読んだ後、ファウンダーのFoekje Fleurは川の流れをより注意深く見始めました。彼女は故郷にある川に通い、1960年代以来そこに蓄積されていたプラスチック廃棄物を見つけました。 耐久性のある磁器のコピーを作成することにより、彼女はこの増大する問題の認識を広めています。 この花瓶シリーズでは、Foekje Fleurは夫妻チームJiasが率いる会社であるMiddle Kingdomと協力しています。 彼らは中国の歴史への愛と伝統工芸への情熱を組み合わせています。 景徳鎮にあるワークショップでは、彼らは古典的な磁器の技法に現代的な声を与えています。 歴史やその他の芸術分野に触発されたMiddle Kingdomの職人は、素材や芸術性に忠実であり続けています。

[**プラスチック・スープとは?]

「太平洋ゴミベルト」としても知られる北太平洋の地域は、循環する海流によってそこに閉じ込められた非常に高い濃度のプラスチックが特徴です。 プラスチックの廃棄物は、川を海に流された後、世界中から漂います。 プラスチックは生分解性ではありません。 それらは、マイクロプラスチックと呼ばれる小さな断片に分解されるだけです。 これらは食物連鎖に入り、人間を含むあらゆる種類の生物を脅かすため、非常に危険です。

Foekje Fleurの商品はこちらから:

https://borderlesscreations.com/collections/foekje-fleur