[Mika @ Lund] Eco living from Sweden - July 2020

こんにちは ミカです。

7月に入ってから、天気が悪く肌寒い日が続いており、夏はいったいどこへいってしまったのか?と思う毎日です。

このところ、最高気温が17度くらいで夕方になると13-4度まで下がるので半袖では寒いくらいです。

ついこの前までは暑くて最高気温が30度の日もあったのですが、それが嘘のようです。 

さて、天気も悪く、コロナの影響もあるので、あまりお出かけもできない毎日。

前から気になっていたスプレーを作って掃除しようと思い立ちました。

日本でナチュラルクリーニングとして良く知られているのは重曹だと思います。

最近ではこちらでもだんだんと知られてきていますが。まだまだ重曹はポピュラーではありません。

 

スウェーデンでナチュラルクリーニングと言えばÄTTIKAという酢です。

ÄTTIKA”は酸度が高く、純度の高いもので酸度24%、少し薄めてあって料理などに最も多く使用されているものでも酸度12%と高酸度。(ちなみに一般的な日本の酢は酸度4-5%)

ところで、私はこちらに住むまで知らなかったのですが、スウェーデンでは酢漬けのものを多く食べます。

ニシンの酢漬けや野菜のピクルス、豚肉の付けあわせに欠かせない赤キャベツやスープなどなど。色々な料理に酢を使います。ですのでÄTTIKAはどこの家庭でも1本は常備してある食品です。

 

そして、このÄTTIKAの使い道ですがナチュラルクリーニングのほかに、ガーデニングでは除草剤としても使われています。

ナチュラルクリーニングの使用方法として、ポットやコーヒーメーカーのカルキ除去。さらには、食洗機の洗浄用洗剤としても使うことができます。食器を洗い終わった後は食洗機の中もピカピカで気持ちがいいです!さらに、グラスやカトラリーの輝きが違います。それに、何といっても食品なので、ポットや食洗機に使ってもとても安心です。

 

これまで私のÄTTIKAをつかったクリーニングはカルキ抜きと食洗機だけでしたが、先日インスタグラムで窓みがきスプレー(fönsterputs)というもののレシピをみつけました。

日常的に使えるエコな技が沢山紹介されているEkotipsetというサイトで紹介されていたこちらのスプレーで色々と掃除してみることにしました!

 


Ekotipset
https://www.instagram.com/ekotipset/

使うものはÄTTIKA12%(200mil)とお水 (300mil)、そして5滴の食器洗い洗剤です。

窓掃除用という名前のレシピですが、色々なものを掃除できるようで、コメント欄をみると多くの人が試してその効果に感動している様子。

早速私も窓からはじまり、キッチン、壁、階段、お風呂などなど、色々なところにスプレーして掃除を始めました。驚きは階段の手すりや壁など。ペンキ塗装しているので普通の洗剤を使うとふき取りの際、塗装がとれたりしていたのですが、このスプレーを使うと汚れは気持ちいいほど良くおちるのに塗装が全くとれませんでした!

さらにこの液体を容器に入れて電子レンジで5分。電子レンジの中の汚れが気持ちいいほど浮き出ていて、ふき取るだけでとてもキレイになりました!

スプレーするとお酢のツンとした匂いは少しするものの、すぐに消えるので匂いの心配もなしでした。

引き続きÄTTIKAパワーで掃除を楽しく続けたいと思います!

ではまた来月!