[BC Interview] Behind the Scenes - KAFFEEFORM

#WhoIsBehindTheBrand?

Borderless Creationsでは、現在25以上のブランドを展開しています。

今までも、様々なブランドとその商品を紹介してきましたが、ブランド創設者についての紹介、どんな人で、どんな事を考えなら過ごしているのか?など、よりよく知っていただくために、そのストーリーを含め、全てのブランドに向けて10の質問を投げかけました!

今日はドイツのブランド、KAFFEEFORMのプロダクトデザイナーであるJulian Lechnerさんにお話しを聞きました!

 

=================

Q1) エシカル・サステナブルな課題に取り組むことになったきっかけは? 

A1) 私はコーヒーかすなどの大量の副産物が出る事に気がづき、これらを有効活用できないかと考えました。 そのため、自身のプロダクトデザイナーとしてのスキルを活かして、この問題に取り掛かる必要性を強く感じました。 

***************************** 

Q2) ブランドをスタートした当初と現在では、何が変わりましたか? 

A2) ブランドは非常に小さなスケールから始まりました。 当初は販売可能な製品はほんの一握りで、ほとんどのロジスティクスは自分で手配していました。 現在、私たちはより大きなチームになり、さまざまなサプライヤーと強い関係を築いています。

 

*****************************  

Q3) ブランドを展開する中で、一番大変だったことは?逆に、ブランドを続けてきて一番よかったことは?

A3) 外部からの投資や銀行ローンなしでブランドを拡大することは非常に困難でした。 したがって、私は細部に焦点を当て、最終消費者が直接購入できるように商品をできるだけ魅力的にする必要がありました。 販売されたすべての商品は、会社を少しずつ拡張するのに役立ちました。

***************************** 

Q4) あなたの身近でサステナブルな取り組みをしている人を教えて。その人はどんな活動をしている人? 

A4) 私の親しい友人は、ドイツで食品、代替素材、地域の食糧生産の分野で若い起業家のネットワークを作り、取り組んでいます。 このネットワークは、「Good Food Collective」と呼ばれていて、個々の組織が一緒に協力することによって、より大きな運動へと拡大することが目的です。 

*****************************  

Q5) あなたの一番好きな言葉は? なぜそれが好きなの?

A5) “Life is what happens to us while we are making other plans.” (Allen Saunders)

人生とは、あなたが他のプランを立てるのに忙しい時に、突然降りかかってくる何かだ(アレン・サウンダース)

 

*****************************

Q6) あなたが、今までの人生で影響を受けた本や映画を教えて!

A6) 日本のデザイナー、深沢直人にとても刺激を受けました。 彼は"デザインの生態学"と呼ばれる本を出版しています。


新しい材料とその価値について、ドイツの化学科学者が書いた本をオススメします。"
Cradle to Cradle: Remaking the Way We Make Things"(揺りかごから揺りかごへ:私たちが物を作る方法を作り直す)

 

***************************** 

Q7) 今一番食べたい食べ物は?

A7) グリルした野菜とジャガイモでいっぱいのプレートが食べたいです。

***************************** 

Q8) 今一番どこに行きたい?

A8) 少し休憩をしてギリシャの美しい島々に行きたいですね。

 

***************************** 

Q9) 他に住んでみたい国や都市は?

A9) 数年日本で生活してみたいです。
日本という国はとても美しく、文化はとても刺激的です。

 

***************************** 

Q10) 自身のライフスタイルで気を遣っていることは? 

A10) 私は自分の食事に非常に注意を払っていて、地元の有機農家からとれた野菜を好んでいます。そこで、私はその有機農家を支援するドイツの団体のメンバーにもなりました。

 

=================

 

[KAFFEEFORMについて]

コーヒーは多くの文化に深く根ずいており、世界中で最も人気のある飲み物として、ステータスを保持しています。 世界の消費量は着実に増加しています。つまり、コーヒーのカスもそうです。 では、残ったコーヒーのカスはどうなるのでしょうか? それらを保存することは可能ですか? それらを再利用する賢明な方法を見つけるには?

プロダクトデザイナーのJulian Lechner(ジュリアンレヒナー)は、新しくて無駄のないもの作りをするアイデアに興味を持ち、コーヒーのカスで実験を始めました。 3年後、彼はユニークな処方を発見しました。リサイクルされたコーヒーのカスと再生可能な原料が、耐久性のある丈夫な材料に生まれ変わり、その後、Kaffeeformカップとなります。

[ブランドサイト]

https://www.kaffeeform.com/en/

Borderless CreationsでKAFFEEFORM商品を探す:

https://borderlesscreations.com/collections/kaffeeform