[BC Interview] Behind the brands - abeego

#WhoIsBehindTheBrand?

Borderless Creationsでは、現在20以上のブランドを展開しています。

今までも、様々なブランドとその商品を紹介してきましたが、ブランド創設者についての紹介、どんな人で、どんな事を考えなら過ごしているのか?など、よりよく知っていただくために、そのストーリーを含め、全てのブランドに向けて10の質問を投げかけました!

今日はカナダのブランド、abeegoのファウンダーであるToni Desrosiers (トニ・デロジエさん)に質問をしました。 

 

=================

Q1) エシカル・サステナブルな課題に取り組むことになったきっかけは? 

A1) 私は常に起業家精神を持っており、どこかのタイミングで起業すると思っていました。 私が思うに、エシカルででサステナブルな企業を立ち上げることは、最もビジネス上で理にかなっており、そしてより多くの人々がより良いことをするために努力すべき道です。 蜜蝋ラップを発明し、Abeegoを始めたきっかけは、私の栄養士であるバックグラウンドと、食材への深い愛情と、食材の寿命を延ばすための製品を作成したいという私の意欲が組み合わさったためです。

***************************** 

Q2) ブランドをスタートした当初と現在では、何が変わりましたか? 

A2) アビーゴはもうすぐ13歳です! ブランドが始まってから、私たちが作る製品から会社の運営方法まで、多くの変化がありました。 私たちのメインフォーカスは、食品を生かし、そして生鮮食品を通気性の良い環境で保持・維持することのプラスの影響を世界に教えることで、今も強力に保たれています。 私たちは会社として進化し、蜜蝋ラップのみならず、他の事も考えています! さらなるAbeegoの進化ををお楽しみに。

*****************************  

Q3) ブランドを展開する中で、一番大変だったことは?逆に、ブランドを続けてきて一番よかったことは?

A3) ブランドを展開する中で最も難しい部分は、レーザーのように、しっかりと焦点を絞り続けることでした。 新しいアイデアや光るモノなどに気を取られるのは簡単ですが、私たちは、私たちの焦点を絞った道から外れるものには気を取られないようにする事を学びました。 ブランドを展開するに当たって、一番よかった点は、この旅を共にして来たすべての人々です。 アビーゴには信じられないほど素晴らしいチームがいて、彼らは毎日ブランドに心を注いでいます。

***************************** 

Q4) あなたの身近でサステナブルな取り組みをしている人を教えて。その人はどんな活動をしている人? 

A4) 私の友人であるElate Cosmeticsの創設者であるMelodie Reynoldsは、私たち一人一人がユニークで美しいということを教えてくれる、素晴らしいサステナブルなメイクアップブランドを作りました。 サステナブルな企業であることに加えて、彼女はチームとコミュニティを尊重し、世界を毎日より良い場所にしようとする素晴らしいビジネスリーダーでもあります。

*****************************  

Q5) あなたの一番好きな言葉は? なぜそれが好きなの?

A5) When an elder dies a library is burned and libraries throughout the world are ablaze. - Elizabeh Lindsay, National Geographic Explorer. ("年長者が死ぬと図書館が焼かれ、世界中の図書館が燃え上がる" - エリザベス・リンジー, ナショナル・ジオグラフィック・エクスプローラー (探検家))

私は世界中で、特に食品の栽培、調理、保存に関する知識が失われていることに気づきました。 何千年もの間、私たちはある世代から別の世代へ、ある母親から別の世代へ、そしてある農家から別の世代へと受け継がれた知識を共有することで私たちの食物について学びました。 過去100年間、私たちはこの知恵を自ら自分たちの手から取り除くことを許可してきました。 ラベルを読み、カロリーを測定し、健康が約束された食品を購入する。 その間、本当の食物と何世代にもわたって私たちに知らせてきた物語は、すべての年長者が亡くなるたびに失われています。 アビーゴでは、これらのストーリーを失わらせず、Keep Food Aliveの意味をより拡張していきたいと考えています。

 

*****************************

Q6) あなたが、今までの人生で影響を受けた本や映画を教えて!

A6) Food Not Lawns: How to Turn Your Yard into a Garden and your Neighborhood into a Community" - Heather Flores.

夫がこの本を14年前にくれたのですが、今ではうちに庭があり、芝生はほとんどありません。

また、"Start With Why" - Simon Sinek (「WHYから始めよ!」- サイモン・シネック)

この本は12年前にアビーゴを起業したときに特に私に大きな影響を与えました。今でも毎年繰り返し読みます。

 

***************************** 

Q7) 今一番食べたい食べ物は?

A7) 自家製バニラアイスクリームに私の家の庭でとれたイチゴで作る、フレッシュなストロベリーソースを乗せたもの。

***************************** 

Q8) 今一番どこに行きたい?

A8)  今どこかに行けるなら家族に会いたいです。 今年の夏に10日間家族に会いに行く予定でしたが、コロナ・ウィルスのためにキャンセルしました。 私は彼らをとても恋しく思い、ただただ会ってハグしたいです。

***************************** 

Q9) 他に住んでみたい国や都市は?

A9) 6ヶ月間の休暇をとり、いつものペースを変えるためにフランスの田舎に移りたいですね。 元々フランス人なので、どこかのタイミングで自分の祖先やルーツを辿って行きたいです。

***************************** 

Q10) 自身のライフスタイルで気を遣っていることは? 

A10) 私は長く健康的な人生を送るという目標に最も注意をしています。 エネルギッシュに、そしてイキイキとしていきたいと思っています。それは、良い食べ物、幸せな考え、そして愛するコミュニティで自分の体を満たすことを意味します。

=================

[abeegoについて]

"abeego" "は、Toni Desrosiersによって2008年に生まれたカナダの会社です。 「アビーゴ」は、カナダの自社工場でオリジナルの蜜蝋ラップのメーカーとして、2008年に誕生しました。 abeegoの設立原則の1つは、それが理にかなっていることです。"生きている食物" すなわち新鮮で生の、または元の活気のある生きた状態に可能な限り近い状態で消費される食物の呼吸。ビニールで作られる気密性のラップに包まれるべきではないことは論理的です。 食べ物を生かし、同時に環境に優しい最良の方法は何ですか?これが蜜蝋ラップの構想です。私たちが知る限り、これらのラップを作成するメーカーは、日本を含む世界中にいくつかありますが、アビーゴは間違いなく先駆者です。 

[ブランドサイト]

https://abeego.com/

Borderless Creationsでabeego商品を探す:

https://borderlesscreations.com/collections/abeego