[My sustainable life goals for 2022]

こんにちは!アンバサダーのRieです。

今回は、私が2022年の抱負として考えているサステナブルライフについてお話しします!

私は、2021年からサステナブルについて興味をもち、昨年の抱負は「マイボトルを持ち歩こう」からスタートしました。あれから1年が経った現在も、毎日マイボトルを持参できていることがとても嬉しいです!

また、ボーダーレスクリエーションズで展開されているサステナブルアイテムを私生活に取り入れたことにより、日々目の前のゴミの量が減少し、地球環境への改善に少なからず貢献できた年だったと実感しています!

しかし、まだまだ定着できていないことや、チャレンジしていきたいこともあるので、これからサステナブルライフに纏わる4つの抱負をご紹介していきます!

1.Refuse(断る)を意識する。

カフェに行った際に、おしぼりやストロー、使い捨てカップなどの提供に対して「必要ありません。」と自信を持って伝えられるようにしたいです!昨年は、店員さんに伝えるが遅かったり、言い忘れてしまうこともあったので、常に頭の念頭にRefuseを意識して生活していきたいと思います!

 

おしぼりを持参することで、余計なゴミが出ないのでストレスフリーに!マイボトルと同じように、習慣化が大切。

2.身近な人にサステナブルライフを広める。

昨年は、まず私自身がサステナブルライフを学び、実践することに注力してきました。今年は、ブログの場だけでなく、家族や友達、会社の人達にも「試してみよう!」と快く思ってもらえるよう積極的に伝授していきたいです!身近な人の意識を変えることができれば、そこから良い伝達が広がるのではないでしょうか。

トニーズチョコロンリー:強制労働に頼らないチョコレートを作るために誕生したブランド。原材料はフェアトレード認証を受けたものを使用しています。パッケージもお洒落なのでプレゼントとして渡すだけで、サステナブルライフの会話のスタートになりそうですよね!

3.有機農業を体験する。

昨年はオーガニックについて学ぶ機会が多かったので、インプットだけでなくアウトプットをする時間を作りたいです!オーガニックの分野の中で、特に「食」は大切です。JAS有機認証マークの記載があれば安心なことに間違いないのですが、有機農業の仕組みを実際に体験することで、改めてオーガニックの魅力を理解し、慣行農業との違いを実感できると思います。

お野菜は地元のえかオーガニック農業さんのものをよく購入しており、生産者を応援しています!お値段もお手軽なので、嬉しい。

4.ヴィーガン食について学ぶ

昨年、ヴィーガン食を私生活に取り入れる頻度は多かったのですが、私自身、栄養面の知識があまりない状態で始めてしまったため、体調を崩しまうことがありました。しかし、地球や動物達のことも守りたい。今後は、どのようにして健康的にヴィーガン食を取り入れていくべきか、しっかり学んでいきたいと思っています。

 

最近はこちらの本を読んでいます。

まずは入門編から!ヴィーガンの由来や環境問題との関係、レシピなどとてもわかりやすい内容なので、徐々に生活に取り入れていきたいと思います!

今年は、昨年実践してきたサステナブルライフを継続しつつ、個々のコンテンツを深掘りしながら、より具体的に生活に落とし込んでいきたいです!

皆さんも是非、2022年の抱負の中にサステナブルライフを入れてみてはいかがでしょうか。マイバックを持参する、3Rを意識して生活してみる、環境問題の映画を見るなど

簡単な目標から一緒にクリアしていきましょう!