[BC Interview] Behind the brands - Théla

#WhoIsBehindTheBrand?

Borderless Creationsでは、現在20以上のブランドを展開しています。

今までも、様々なブランドとその商品を紹介してきましたが、ブランド創設者についての紹介、どんな人で、どんな事を考えながら過ごしているのか?など、よりよく知っていただくために、そのストーリーを含め、全てのブランドに向けて10の質問を投げかけました! 

今回はThélaのファウンダーである、Diti (ディティさん)に質問をしました。 

=================

Q1) エシカル・サステナブルな課題に取り組むことになったきっかけは? 

A1) ムンバイで育った私は、使い捨てのトイレットペーパー、おむつ、キッチンロールなどを知りませんでした。 ファーストフードや持ち帰り用のレストランはなく、スーパーマーケットのチェーンもありませんでした。 私たちはプラスチックなしで育ち、少なくとも周りにプラスチックは少なかったです。

しかしその後、インドでの消費とプラスチック消費の増加を目の当たりにし、環境へのプラスチックの有害な影響について学び始めました。

約4年前にアテネに引っ越したとき、私は以前よりもはるかに高いレベルのプラスチック消費に直面しました。 ここヨーロッパでは、プラスチックの消費は「正常」であり、回避するのがより困難です。 ほとんどの人はプラスチックなしでどのように生活していたかを知りませんし、忘れていましたし、私はそれを目の当たりにして生きてきました。 たぶんその影響で私はもっと敏感になり、何かしなくては、という気持ちになったのだと思います。

***************************** 

 Q2) ブランドをスタートした当初と現在で何が変わりましたか? 

A2) アテネで非常に多くのビニール袋が使用および廃棄されているのを目にしたとき、私ができるコトを始めました。それは、ビニール袋を使って裁断したりかぎ針編みをするコトでした。そのとき、これがサステナブルなプラスチックのアップサイクリング事業に成長するとは思いませんでした!

今日現在、私たちはより多くの工芸技術に拡大し、インドにいるサステナブル事業者たちとコラボレーションしたり、アップサイクルされたプラスチック生地を自然染色されたオーガニックコットンのような他の持続可能な素材と組み合わせたりしています。

 

***************************** 

 Q3) ブランドを展開する中で、一番大変だったことは?逆に、ブランドを続けてきて一番よかったことは?

A3) ゼロから起業をすることは常に挑戦です。 ここ、ギリシャでは、課税、付加価値税、社会保険料が高いため、さらに困難で費用がかかります。 最近の推定では、これらの合計は総所得の70%以上になると言われています。 他の国とは異なり、国は利益や譲歩を提供していません。
 
Thélaは単なる小売ブランドではなく、プラスチックが私たちや動物、環境に及ぼす有害な影響についての認識を高め、代替案について語る手段です。 これは、私にとって最も満足できることです。

***************************** 

Q4) あなたの身近でサステナブルな取り組みをしている人を教えて。その人はどんな活動をしている人?
A4) 私たちが取り組んでいる取り組みの1つは、インドのカミールと呼ばれる文化工芸組織です。 彼らはグジャラート州カッチの工芸品、遺産、文化的生態を復活させるプラットフォームです。 伝統的な製織技術の復活とは別に、 カミールでは廃棄物収集者、中程度の熟練した織工、在宅労働者、高齢者、刑務所の受刑者に雇用を提供しています。 彼らのプラスチックアップサイクルイニシアチブはまた、プラスチック廃棄物の有害な影響について、コミュニティを教育します。

***************************** 

Q5) あなたの一番好きな言葉は? なぜこれが好きなの?
A5) 私の好きな言葉は「非暴力」のサンスクリット語である"Ahimsa" (アヒムサ)です。 それは単なる言葉ではなく、ヨガ哲学の原則です。 アヒムサの原則に従って生きることは、他の人々だけでなく、生きているすべてのものに対して暴力的な考え、言葉、行動を持たないことです。 それは思いやりの道であり、私が自分の人生で従おうとするものです。

***************************** 

Q6) あなたが、今までの人生で影響を受けた本や映画を教えて!
A6) 最近、私はLucy Siegle (ルーシーシーグル)の"Turning the Tide on Plastic" (プラスチック流れを帰る)という本を読み、ゼロウェイストヒマラヤのプラスチックの物語のオンライン映画上映を見ました。

これらは両方とも、リサイクルの実話とプラスチックを捨てたときに実際に何が起こるかについて語られていて、目を見張るものです。

Turning the Tide on Plastic:

 

ZeroWaste Himalaya:

https://zerowastesikkimdarjeeling.blogspot.com/

*****************************  

Q7) 今一番食べたい食べ物は?

A7) アテネのレストラン、Mystic Pizza and Pastaというレストランにある、ヘンプをベースとした、ブロッコリー、タマネギ、トウガラシ、キノコのビーガンピザが食べたいです。

***************************** 

Q8) 今一番どこに行きたい? 

A8) アテネの夫と猫の家に帰りたい!
私は1月にインドに到着し、家族を訪問したり、Thélaの新製品について、カミールや他の組織とコラボレーションするために仕事をしていました。 現状は、国境が開くのを待っています。

 

***************************** 

Q9) 他に住んでみたい国や都市は?
A9) インドを離れるコトになるとは思っていませんでしたが、人生は予想外の刺激的な変化を遂げます! いつかはインドに戻って、森で暮らしたいです。

*****************************  

Q10) 自身のライフスタイルで気を遣っていることは? 
 
A10) 私は気楽に生きるコト、つまり、完璧であろうとするのではなく、意識と思いやりをもって最善を尽くして、できるだけ持続可能な形で生活することを心がけています。 私は自分の力ででできることは何でもし、残りは手放すコトにしています。 そして、それはそれで大丈夫なのです。
=================
[Thélaについて]

Thélaはギリシャのアテネでスタートしたブランド。

インドで生まれ育った彼女はグラフィックデザイナーでありながら、ムンバイでプラスチック消費の成長を目にしたとき、これらによる有害な影響について学び始めました。その後、アテネに移り住み、今まで見てきたものをはるかに超えるプラスチック消費に直面しました。

デザインが大好きで、自分の手でモノを作ることを主体としていた彼女は、可能な限りマインドを保ち、この問題に立ち向かいながら持続可能な社会作りを目指しています。

彼女はこのように話しています。 " 私は、最終的に埋立地と海に流れるプラスチックの量を減らすだけではなく、その影響と代替案についての認識を高めるため、Thélaを始めました"

[ブランドサイト]

https://thela.eco/

Borderless CreationsでThéla商品を探す:

https://borderlesscreations.com/collections/thela