PAPLUS - プラスチックフリータンブラー

¥4,620
税込価格。 配送料は購入手続き時に計算されます。

[ECO TIPS]
✔︎ プラスチックフリー
✔︎ 自然由来
✔︎ コンポスト

PAPLUS®プラスチックフリータンブラーは、トウモロコシのデンプンを発酵して得られる乳酸が主成分のPLA(ポリ乳酸)と紙が主原料となっています。 地球に優しい素材を採用することで、陶器や木材製品のように天然素材独特の風合いとなり、愛着を持ってお使いいただけるよう色合い、濃淡などの個性も大切にしています。

「マイカップを使いたいけど、プラスチック製品は避けたい!」

「環境に良いものを選びたいけど、デザインも重要…」

という方にもオススメです。

[FEATURES]
-暖かい飲み物もOK
植物由来成分純度の高い製品の多くは、耐熱機能を持たないものが多い中、プラスチックフリータンブラーの耐熱温度は120℃ですので、安心して暖かい飲み物にお使いいただけます。

-こだわりのデザイン
プラスチックフリータンブラーは、独特の素材感を生かすため、シンプルなデザインにこだわりました。また、サイドのシルエットをストレートにするため金型から後加工にこだわり、最終的に研磨してマットな風合いに仕上げています。

-パッケージへのこだわり
パッケージには新聞や雑誌の古紙からできた100%再生紙である「チップボール」を使用しています。また、活版印刷することで偶然生まれる活字の味わいと共に、天然素材であるプラスチックフリータンブラーの風合いとも、とてもマッチしています。

-地球と調和する素材
プラスチックフリータンブラーの約86%は、植物由来成分であるトウモロコシ由来の樹脂と紙でできています。その主成分に、耐熱機能を含む製品としての機能を担保するため、粘度鉱物(約7%)と石油由来の添加剤(約7%)を加えています。 *1 また、コンポスト条件下で3~6ヶ月、土中の場合数年で水と二酸化炭素に分解される生分解性素材となります。

*1 最低限使用している添加剤は、厚生労働省が定める食品衛生法に準拠しておりますのでご安心ください。多くのエコ商材といわれるものは添加剤について言及されていません。ご注意ください。

-使い捨てるのではなくリサイクル
プラスチックフリータンブラーは燃えるゴミとして処理することが可能です。
しかし、ゴミとして廃棄するのではなく、資源として回収し、再製品化するサービスも提供しています。ぜひご協力ください。

共に新たな循環を作り出していきませんか。
PAPLUS®のリサイクルページはこちら
https://paplus.jp/recycle/

[SPECS]
-サイズ:直径77mm×高さ135mm
*リッド(蓋)をつけないタンブラーのみの高さは120mm
-容量:380ml (一般的なカフェのトールサイズ相当)
-重量:210g
*リッド(蓋)をつけないタンブラーのみの重量は173g
-素材:タンブラー > リッド PLA(ポリ乳酸)・紙・粘土 | パッキン > シリコーンゴム
-耐熱温度:約120℃
-生産国:日本

[CARE INSTRUCTIONS]
-飲み物を長時間入れたままにしないでください。
-洗浄には中性または弱酸性の洗剤をご使用ください。
-洗浄後はよく乾燥させてください。
-火のそばに置かないでください。
-電子レンジは使用できません。
-食洗器は使用できません。

BRAND STORY

植物由来成分99%以上(世界最高水準)
紙とトウモロコシ由来生分解樹脂からできた

環境配慮型素材 PAPLUS®(パプラス)

植物由来生分解性プラスチックの中でも、最も実用化が進んでいるポリ乳酸(PLA)はトウモロコシのデンプンやサトウキビ搾汁などの植物由来樹脂と乳酸菌を原料とする、環境にやさしい合成樹脂です。このポリ乳酸(PLA)に、同じ植物由来で生分解性を持つ紙を複合させ、PLAの弱点であった耐熱性や耐久性、そして成形の難しさなどを日本の高度な技術で克服した、石油由来プラスチックに代わる新しい熱可塑性樹脂がPAPLUS®です。

PAPLUS®は回収を前提とした製品として生産し、役目を終えたPAPLUS®製品は再製品化されます。

PAPLUS®ホームページ https://paplus.jp/

OUR TIPS

私たちが取り扱う数少ないMADE IN JAPANに、新たなアイテムが加わりました。海外製品には馴染みのあるPLA素材でできた日本製タンブラー、この製品はまだまだ進化をし続けるそうですが、開発された方のお話を聞いたとき、とても拘りと情熱を感じました。製品開発においても日本の職人泣かせであったこと、そして最後には素晴らしいアイテムが完成したことにも、喜びを感じています。壊れてしまったら回収サービスもあります。サーキュラーの観点も重視された画期的なタンブラーをぜひ体感してください。