: ULAT

ULATドライヤーボールがスタートしたのは2011年、創設者のジェニファーは、いつも友人や家族へのギフトを手作りしていたことから始りました。

ここに彼らの物語があります: 「私は、いつもクリスマスの時期に、友人や家族へ繊維を形にしたギフトを作り、楽しんでいました。私たち家族は、コストを抑える必要があったので、私は手元にある材料でどんなものが作れるか?について考えました。その結果、独自のやり方でウールドライヤーボールを開発することができました。ユニークで個性的なギフトが作れたことを嬉しく思い、愛する人たちにも渡すことができました。

また、コスト削減のメリットがあることもわかりました。これは、今までのプロセスにおいて、最も魅力的な部分です。 幸運なことに開発から数日後、バンクーバーのメインストリートにソープディスペンサリーがオープンしました。夫と私はさりげなく店に立ち寄りました。そこで私たちはオーナーのLinhと出会い、この瞬間からULATウールドライヤーボールは店に置かれることになりました。

この旅は素晴らしいものでした。 2011年11月の発売以来、私たちはいくつかの素晴らしい関係を築いてきました。ULATドライヤーボールで洗濯をするすべての人に、これからも小さな笑顔を提供し続けたいと考えています。 私たちは、洗濯の雑用を取り除くことはできませんが、プロセスを少しだけ楽にするのを手伝い、消費者のエネルギーコスト削減や、低刺激性への解決を提供し、地域の資源をサポートすることができます。これはあなた自身の条件で行うことができる1つの課題であり、誰もがそれについて気分を良くすることができます。」

1個の商品
  • ...
    ウラット・ドライヤー・ボール
    販売元
    ULAT
    通常価格
    販売価格
    通常価格
    単価
    あたり 
    売り切れ